アヤナスとサエルとつつむを比較

アヤナス,サエル,つつむ

 

アヤナスを使ってみたいなと思って調べていると、「サエル」「つつむ」という2つのキーワードを目にすることも多いのではないでしょうか。この2つは一体なんなのかというと、アヤナスと同じように、サエルもつつむもディセンシアが販売しているスキンケア化粧品です。

 

「ディセンシアが販売しているなら、そんなに効果は変わらないのでは?」と思う方もいるでしょうが、実はそれぞれに特徴があります。

 

サエルの特徴

まず、サエルは保湿力に特化したスキンケア化粧品です。したがって、乾燥の気になる方におすすめのスキンケア化粧品です。

 

アヤナスの特徴

次にアヤナスは、サエルと同じように保湿力の高いスキンケア化粧品ですが、ディセンシアが出している化粧品の中では、エイジングケアの側面が強い化粧品です。お肌にハリが取り戻せます。

 

つつむの特徴

そして、つつむは、ホワイトニングケアを行える化粧品です。

 

ディセンシアは敏感肌の方のためのスキンケア化粧品のブランドなので、どれも敏感肌の方でも使えるものですが、敏感肌の方の中でもターゲットとしている層がそれぞれ異なります。

 

おすすめはアヤナス

アヤナス,サエル,つつむ

 

では、サエル、アヤナス、つつむの3の中で、どれが一番おすすめなのでしょうか。特にこだわりのない方の場合には、アヤナスがおすすめです。

 

なぜアヤナスがおすすめなのかというと、ほうれい線のしわやお肌のたるみ、お肌トラブルなどがアヤナスの保湿力によって改善できるからです。つまり、アヤナスを使っていけば、エイジングケアをしながら、潤いのあるお肌になっていけるということですね。

 

この3つの中では、サエルが一番保湿力は高いところですが、アヤナスでも十分にお肌の潤いをキープできます。そのため、アヤナスを使っているうちに、乾燥肌が改善していけたという口コミもあります。

 

ただし、超乾燥肌の方だと、アヤナスの潤いでも足りないことがあります。その場合には、サエルを使う方がおすすめかもしれませんね。

 

さらに、アヤナスを使っていくと、お肌のトーンがワントーンあがったという声もあります。これは、アヤナスを使うことによってお肌のターンオーバーが整うためです。

 

したがって、どうしてもホワイトニングケアをしたいという場合にはつつむがおすすめですが、アヤナスであればお肌の調子を整えながら潤いをキープできるので、つつむのケアまでは必要ないという場合には、アヤナスがおすすめです。

 

一度、トライアルセットでアヤナスを試してみて、サエルにするかつつむにするか決めても良いですね。

 

  

アヤナス,サエル,つつむ